2013年

1月

29日

尾ノ内渓谷の氷柱

数年前から行こうと思ってはいたけれど、まったく脚が今までむかなかったこともあって、今だいったことがなかった『尾ノ内渓谷の氷柱』

 

大滝の氷柱とはまったく違う形。

 

まさか、大滝の氷柱より早くここへ行くとは思いもしませんでしたが(笑)

 

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

平日なので、観光客も少なく、見るにはちょうど良かったのですが、渓谷!というだけあって、本当に寒い!

 

橋の支柱に下げられた気温計は、マイナス2度を指していました。

 

風も冷たく、すぐに指の感覚がなくなってしまうほど。

 

橋を渡ってみたりしながらの撮影でしたが、寒さに負けて、早々に退散しました…←いくじなし!

 

横に広がるように作られた氷柱は、確かに見事では有りますが、ここは縦に構図を取ったほうがいい場所みたいです。

 

まぁ、個人的な意見ですが!

 

しかし…色…凄いことになってるなぁ…

 

 

もう少し、カメラの設定やら、レタッチやら、勉強しないとだなぁ…

 

 

 

 

 

□秩父郡小鹿野町河原沢

 

■尾ノ内渓谷の氷柱

7 コメント

2013年

1月

28日

暮れる陽

この地に越してきて間もない、ある日の夕方。

 

愛犬2匹を連れて、散歩に出かけることにしました。

 

もちろん、カメラを持って。

Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

夕闇に包まれつつある時間でしたが、初めての散歩に”探検”のような気持ちで歩きました。

 

周囲の情報を集めておくのは、もちろん大切なのですが、初めての土地に移り住むと、そこに何があって、この道はどこへつながっているのか!と言う事が、優先的に頭の中で駆け巡ってしまうので、情報収集というより、興味というほうが正しいかもしれません。

 

というか、ただ単に好きなだけですが(笑)

 

線路沿いの道に出たとき、既に枯れている木に、白い綿のようなものが付いているのに気が付き、カメラを構えたのですが、リードを脚で必死に支えながら写真を撮る自分をよそに、散歩に出られて嬉しさのあまり、リードをぐいぐい引く2匹の愛犬…

 

周囲が暗くなり始めていたので、”ブレてしまうのではないか!”と心配でしたが、数枚の内、2・3枚は、どうにか大丈夫でした(苦笑)

 

その後は、特に写真も撮らず、ゆっくり歩いて家まで帰ってきました。

 

まだまだ被写体はたくさんありそうなので、時間を見つけて、また探検しようと思います(笑)

 

 

 

 

 

秩父市 自宅付近

5 コメント

2013年

1月

27日

今宵ノ月ノヨウニ

月。

 

その存在は、見るたびに心が吸い寄せられるような物を感じずにはいられない…

 

今宵は満月。

 

満月の月が照らしだす大地は、不思議な青に染まる。

 

月明かり…

 

見慣れた風景が、一変する…

 

不思議…

Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

小倉百人一首にも、約11首、月が入った詩が詠まれている。

 

とても難しくて、自分に理解することは途方もない時間を要すると思うが、月は、昔も今も、人の心をつかんで離さない、不思議な天体。

 

 

 

月が登場する物語もまた。

 

 

 

三日月、下弦の月など、いろいろな呼び名があり、それぞれ素敵な表情がありるが、やっぱり、満月が一番 『 月 』 らしい!

 

 

 

満月を見上げるたび、月の光と、星の光の光度差をどうしたら埋められるか…

 

そんな事ばかりが頭を過ります…

 

 

 

 

 

 

 

秩父市 三峯山頂

1 コメント

2013年

1月

09日

氷の芸術

みなさま、新年あけましておめでとうございます!!

 

昨年中、お世話になった方々、本当にありがとうございました。

 

本年も何卒、よろしくお願い致します!

 

ということで、今日が、新年一発目の投稿になります。

 

みなさんどんなお正月を迎えられたのでしょうか。

 

あいにく、自分は仕事で、正月らしい正月を迎えてはおりませんが、穏やかな正月になったのではないかと思います。

 

天気も良かったですしねぇww

SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

実はこの写真、昨年末に、雨が降った翌日に撮った写真なのですが、この日は、冷え込みも強く、木々に付いた雨粒が、そのまま凍り付いていて、本当に綺麗でした。

 

本来なら、木を撮影するところなのですが、枯れたススキに付いた氷の粒が面白かったので、撮影してみました。

 

ちょうど曇っていて、あまり上手くは撮れませんでしたが、わかりますかぁ?

SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

拡大したのが…って、マクロで撮影したのが、こちら。

 

見事に落ちようとする雨の雫が、ススキの先端で凍っています。

 

所々で凍って、秋に実りを迎える、稲のようにも見えます。

 

冬というこの時期。

 

撮影対象といえば、『ん~』と考えてしまう方も多いと思います。

 

少し前までは、自分もそうでした。

 

冬=雪景色

 

くらいしか思いつきませんでしたが、こういう撮影の仕方を覚えてしまうと、冬もまだまだ捨てたもんじゃない!と、改めて思います。

 

探せばいくらでも被写体なんてあるものだなぁ~って。

 

1月になり、あと2ヶ月くらいしか、冬という季節はありません。

 

だからこそ、この季節ならではの、写真を撮っていかなくては、本当にもったいないと思いますよね!!

 

まだまだ寒い時期が続き、体調も崩しがちに成りますが、寒さに負けず、この冬の撮影を楽しんでいきましょう!!!

 

 

 

 

□秩父市三峰付近

7 コメント