Life Blog

主に撮影の事や、カメラのことなどに関することなどを書いています。ブログは、自分の記録というか、自分の言葉で綴っていけるので、書いていて本当に楽しいです!もし気が向いたら、コメントなどいただけると、次の記事を書く励みになりますので、是非、コメントを残していってくださいね~!!

2013年

8月

22日

久しぶりに

最近、ブログをさぼり気味です…

 

というか、もうちょっと使い勝手のいいブログってないものか!って思ってるところでもあり…

 

なかなか写真も撮りに行けないし…家でも何気に忙しく…

 

 

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

しかも、今年の夏は本当に暑い…orz

 

なんでかわからないけど、今年の夏は、お盆辺りから、いろいろありすぎ(笑)

 

そんな中、やっと今朝、三峯の山頂から、三峯神社の奥之宮が祀られている”妙法ヶ岳”を入れて朝の風景を撮影しました。

 

今朝は、前日に雨が降ったこともあり、空が本当に奇麗でした!!

 

そんなに早起きではないですが、『早起きは三文の徳!』とは良く言ったものです!

 

早起きが苦手な自分には、徳だとわかっていても、起きるのは至難の業です(笑)

 

でも、写真って早起きしたからこそ撮影出来る景色があるんですよね!!

 

季節は秋になり、空も秋の装いを見せてきました!

 

これからの季節は、雲が面白い季節になってくるので、結構好きなんですよねぇ~秋って!!

 

 

 

 

□秩父市三峯 三峯公園より妙法ヶ岳を望む

5 コメント

2013年

8月

07日

番場町

月遅れの七夕。

 

秩父だけでなく、秩父周辺というか、埼玉県は月遅れで七夕を行うところが多い。

 

近頃、あの花の影響なのか、番場町での七夕祭りも模様されるようになり、今回は、その七夕祭りを撮影に行ってきました!!

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

しかし…知ってはいたものの、夕方からがメインだということを、まったく知らずに行った自分。

 

『なぁ~んか、さっぱりしてるなぁ』なんて思いながら撮影をし、結局、いつもと変わらず、途中から建物撮影になってしまいました…

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

『なんか…いまいちだなぁ』などと思いながら歩いていると、車で買い物に行く途中の弟夫婦に、夕方から方向者天国になり、賑わう!というのを聞かされ、夕方からがメインだという言うことをそのとき初めて知ったのでした!!

 

下調べが足りなかったぁ…

 

どうりで…飾って終りじゃないとは思ったけど…

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

残念だ…ホント…

 

今日は夕方から用事があってこられない…

 

まぁ~今年はいい勉強になったと思って諦めることにしました。

 

来年こそは、夕方の賑わう七夕の番場町を撮影しようと、心に決めた日になりました!!

 

でも、七夕の雰囲気を感じられただけ良かったのかなぁ~。

 

 

 

 

□秩父市 番場町

 

 

 

 

 

 

5 コメント

2013年

6月

04日

三峯のツツジと花粉団子

少し早めに出勤した朝。

 

目的は、三峯神社近くにある、『ビジターセンター』の玄関先に咲くツツジ。

 

毎年、色とりどりのツツジが咲いてくれるので、何気に楽しみだったりします(笑)

 

Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

撮影していると、朝からせわしなく飛び回る一匹の花アブ?

 

足に大きな花粉団子をつけて、せっせと花粉を集めて回る姿がなんともかわいくて、花アブも一緒に撮影したのですが、動きについて行けず、残念ながらピンボケ…

Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

ツツジの時期は、まだ少し有ると思うので、もう一度チャンスが有れば…花粉を集める姿を激写!!したいですね~(笑)

 

ずんぐりしてて可愛すぎます(笑)

 

 

※記事が公開されていると思ったら、公開されていませんでした…orz (6/4公開)

 

 

 

 

 

□秩父市 三峯山ビジターセンター

5 コメント

2013年

5月

25日

サクラソウ

『ちょっとあまり調子がよくないみたいだけど、欲しければあげるよ』と。

 

頂いたサクラソウ。

 

サクラソウといえば、埼玉県の県花。

 

たくさんの花をつけて綺麗に咲く乱れる姿は、美しく可憐です。

 

しかし、頂いたサクラソウは、なんとも変わった…というより、『大丈夫なのか?』と思う容姿をしていました。

Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

普通に見れば、水切れなのか、終わりかけなのか?と思ってしまう姿…

 

しかし、葉は元気!

 

『ということは、品種なのか?』と思い、ネットで調べてみると、埼玉県のホームページに、サクラソウに関することが写真付きで掲載されていました。

 

見れば、サクラソウの品種は300品種を数えるほど品種が多いそうです。

 

花の大きなものや、このサクラソウのように、花が垂れ下がっているものなどなど、とにかく種類が多いことに驚きました!!

 

その中で、このサクラソウに近い品種を見つけました。

 

『五大州』

 

この品種は、花が大きく、垂れ下がる品種。

 

確定!!ではありませんが、一番近いかな?と思う品種でした。

Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

花の内側が白く、外側は薄い紫というか、赤紫というか、サクラソウの典型的な色?ともいうべき色をしています。

 

サクラソウの中でも、こうして伸ばしてみると、花の大きさは結構大きいです。

 

花の形は、『広弁』という感じの形をしていて、花の先端は、『浅がかり』だと思います。

 

確かな品種はわかりませんが、こういう品種なんだと思うと、これはこれで綺麗な花に見えてきます(笑)

 

確か知り合いに、サクラソウに詳しい人がいたなぁ~(笑)

 

今度聞いてみよう!!

 

 

 

○埼玉県ホームページ サクラソウ図鑑

 http://www.pref.saitama.lg.jp/site/sakurasou/

 

 

 

□秩父市

5 コメント

2013年

5月

24日

椛の子

楓…椛?

 

正確には、どちらなのか…

 

たぶん…椛(もみじ)

 

きっと…

 

たしか、葉が大きめで、手のような部分が多いのが『楓』だったと思った!

 

だから!

 

椛!

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
拡大写真
拡大写真

出勤途中。

 

朝日を浴びる椛の葉が、何となく赤く見えて、『まさか葉が赤くなってるのか?』なんて思っていたのですが、花も終わり、既に『実』が出来ていました!!

 

日光を良く浴びることが出来る、高い枝の上に、まるで小さなプロペラのような、かわいらしい実がなっていました!

 

プロペラの付け根に種が入っているようです!

 

もうちょっと近づければよかったのですが、望遠でもないことには無理っぽいような場所にしか生っていないんです…

 

もう少しすると、この実も、親から離れて、くるくる回りながら風に乗って新天地を目指すのでしょうね~。

 

 

 

 

 

□秩父市 三峯観光道路

0 コメント

2013年

5月

17日

定林寺と彩の国ふれあい牧場

約1ヶ月ぶりの投稿です。

 

5月は仕事が忙しすぎて…連休なんて地獄でしたよ…ホント…

 

この時期になって、やっと少し時間が出来たので、写真を撮影するために出かけてきました!

 

向かった先は…

 

□Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
□Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

そう!勘の良い方は、写真を見ただけでお分かりかと思いますが、『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』で一躍有名になった『定林寺』です!

 

といっても、タイトルでわかっちゃいますよね(笑)

 

このお寺は、今回初めて行ってみたのですが、天気が良い今の時期、今日は本当に気持ち良い風が吹き、参拝の方もいなかったので、ゆっくり見て回ることが出来ました。

 

時折吹く風はさわやかで、お寺の雰囲気も、本当に素敵なお寺でした。

 

 

《 この定林寺は、四間四面の簡素で均斉とれたお堂です。

 

ご本尊様は、『十一面観世音立像』

 

縁起によると、壬生の良門の忠臣林太郎定元は、主の無道を諌めかえって家財を没収され、当地に来て没しました。

 

その遺子空然はこの地に養われ成人の後、父の菩提のため、当寺を建立したとあります。》

 

ということです。

 

初めて行って、凄く癒され、とても好きな場所になってしまいました!!

 

お参り後に撮影したのですが、意外と早く終わってしまったので、時間も帰るにはもったいない時間。

 

 

そこで、ふれあい牧場に!

 

ポピーを見に!!!

 

ふれあい牧場には、今まで数回行きましたが、この時期に行くのは初めてでした。

 

□Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
□Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

この時期のふれあい牧場、凄いんですね!!

 

ポピーの綺麗なのもさることながら、数に驚きました!!

 

一体どのくらい植わっているのでしょうか…

 

でも、本当に綺麗でした!

 

RAWで撮影したのですが、あえて現像の際に、トイカメラ風に仕上げてみました(笑)

 

こんな感じの写真、良く見かけますよね(笑)

 

 

□Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
□Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

こういう感じの景色って、トイカメラ風の加工がハマる気がするのは、自分だけでしょうか!

 

今が一番いいところって感じがしますね!!

 

こりゃ~来年も、というか、咲き終わるまで、天気と相談してもっと撮りたいです!!

 

いいとこみ~っけ!!ってみんなに知れ渡ってますが、今回の2箇所。

 

自分的にはそんな感じでした(笑)

 

 

□秩父市 札所17番 定林寺   

□秩父市 彩の国ふれあい牧場

11 コメント

2013年

4月

04日

さくら

桜の咲き誇る時期になり、撮影しようと意気込んではみたものの、今年はまだ2回しか行けてません…

 

そのうち1回は、昨日の事です。

 

前日から降り続く雨に、『止んでくれ!』と願いつつ、午前中が終わりました。

 

仕方が無いので、午前中は、免許の住所変更やら、市役所やらへ行き、私用を済ませて空とにらめっこでした。

 

 

Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

止まない雨をにらみつつ、一度家に帰ってきたのですが、午後3時くらいになってようやく雨も上がり、少しではありましたが、太陽も顔を出してくれたので、撮影に行く事にしました。

 

自宅近くの線路脇に咲く桜を撮影し、いつも撮影している秩父市役所の桜を撮影に行くことに。

 

今年は、市庁舎の工事でバリケードが張られ、思うようには撮影できませんでしたが、毎年撮影しているので撮影しないと気が収まらず…さっさと撮影して、市役所裏の公園に咲く桜を撮影。

 

満開の桜は、午後の風にあおられて、桜の花びらを風に舞わせていました。

 

 

Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

今年は桜の開花が一週間くらい早かったこともあり、撮影するには良かったのかもしれませんが、雨で綺麗に晴れた空をバックに撮影出来ないのが残念です。

 

しかし、貴重な晴れ間に恵まれました。

 

『今日は撮影は無理かぁ』なんて、半ばあきらめかけていたので。

 

本当は、毎日でも大好きな桜を撮影したいのですが、仕事もあるし、ちょっと無理かなぁ…

 

早朝や夜ってのもあるか。

 

でも、実行できる気がしない(笑)

 

後は、入学式まで持ってくれればと思ってます。

 

入学式に桜が無いのも寂しいですからねぇ~…

 

Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

■秩父市 秩父市役所付近

2 コメント

2013年

3月

07日

Wix

いつの間にか、気が付けば3月。

 

ブログの更新をしない間、あることに向けて作業の日々でした。

 

あることとは…

 

 

『なに?なに?』と、思ってしまった方、すみません。

 

大したことじゃないんです…実際のところ…

 

実は、現在ブログを日々綴っているこのブログなのですが、写真のギャラリーをどうにかしたくて、試行錯誤を繰り返していたというのが最近の話で。

 

ブログも、これまでいくつも渡り歩き、自分の理想のページを作り出そうとしてきたのですが、最初は『これだ!』と思っても、実際使い始めると、融通の利かないところがあったりと、なかなか長く続くものに出会えずに、今日まで来ました。

 

無料ブログは数あれど、テンプレートの少なさや、容量の小ささに悩まされながら、ここ、Jimdoに現在、落ち着いたわけです。

 

しかし、折角写真を撮っているのだから、下手くそな写真でも、いろいろな人に見ていただいて、感想をもらったり、撮影のヒントやロケーションのいい場所などの情報が集められればという思いで、ギャラリーを作るようになりました。

 

少し前に使っていたブログは、いろいろなことは出来るのですが、レンタルサーバーを借りなくてはならず、更新するに当たり、数百円ですが、月額料金がかかってしまうので、長続きせずに辞めてしまいました。

そのあと見つけたこのJimdoというブログサービス。

 

当時築き上げたかったフラッシュを使ったギャラリーが簡単に構築できるということもあって、どっぷりはまりました。

 

とは言え、『動きがない』

 

Flashを使った写真の演出は素敵です!

 

でも、求めているのは、ブログだけではなく、『ホームページ』としてなのです。

 

『そんなに言うなら、自分で勉強して、いちから作れよ!』なんて言われそうですが、そんな技量も時間もなく…

 

そんな時に出会ったのが、『Wix』というFlashで構成された無料ホームページを構築出来るサイトでした。

 

数多くのテンプレートがあり、無料でも十分いろいろな事が出来て、自由度も高い!

 

まさに、自分が追い求めていたものに限りなく近い気がしまいた!

 

登録もいたって簡単!

 

そのあとは、テンプレートを選んで、写真を変えたり、ギャラリーを作ったり、ナビゲーションやリンクを貼り換えたり。

 

と、出来ることはたくさん!!

 

中でも、ギャラリーが素敵すぎます!!

 

本格的なホームページも、作り込んでいけば、プロが作ったようなページが出来上がります!

 

しかし問題もあり…

 

なんと、ブログサービスがまだ始まっていないのです…

 

現在は、Wordpressとの連携はとれるようなのですが、その他は無理の様です。

 

まぁ、単なるリンクとしてということなら大丈夫みたいですが。

 

ブログサービスは、今後、いつになるかはわかりませんが、始まったら移行しようかと思っておりますが、容量とか使いやすさとかはどうなのでしょうねぇ~…

 

作業は、まだまだかかりそうですがねぇ~。

 

 

 

もし、興味がある方は、見るだけでも見てみてくださいね! Wix無料ウェブビルダー

 

 


5 コメント

2013年

2月

20日

雪の結晶

雪の日。

 

積もる雪の上には、肉眼でもハッキリ見えるほどの雪の結晶が。

 

マクロレンズに切り替えて撮影してみましたが…

□Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
□Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

雪が積もっている場所が車の屋根だったこともあり、三脚も使えず、手持ちでの撮影だったので、絞ることも出来ず…

 

あっ!

 

ISO感度…上げれば良かったのか…

 

拡大したのがこちら↓↓

せめてこのくらいに撮れれば良かったのですがねぇ~(笑)

 

 

 

 

 

□自分の車の上ww

0 コメント

2013年

2月

19日

Hight Key

近頃、気になる感じの写真があるのですがぁ…

 

あ~、プロの写真という意味では無く、自分で撮る写真で!という意味です。

 

現在注目を受けて、各メーカーがこぞって発売するようになってきたミラーレス一眼レフカメラ。

 

そのカメラの中には、撮る際にアートフィルターと呼ばれる、いろいろな効果を付与出来るものも少なくなく…

 

中でも、ハイキーの写真になるものがあり、『これって普通の一眼レフで再現できないのか?』と思ったのがきっかけで只今挑戦中!

□Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
□Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

初めて”ハイキー”の写真を見たのは、二眼レフカメラで子どもを撮影した写真でした。

 

普通に見たら、『露出オーバーの写真じゃないの?』と思ってしまう写真なのですが、その明るすぎる被写体を淡い光がやさしく包んでいる雰囲気を持つ写真に衝撃を受け、『こんな写真撮ってみたい』と思うようになり、撮影に挑戦するようになりました。

 

もちろん持っている機材で!

 

RAWで撮影した写真を現像段階で、露出を上げてやれば…と思ったのですが…

 

なんとなくそれだけではダメな感じがして…

 

前回の露出補正と同じで、情報が書き込まれていない写真を無理やり編集で行っても無理だろうし。

 

本当なら、NikonのF時代に作られたレンズが使えれば、多少はイメージに近い写真に仕上げられるのかも知れませんが、あいにくD700にはマウントが邪魔して使えないので、AFレンズを使って露出やらホワイトバランスなんやらいろいろと試行錯誤しながら撮影に励んでます。

 

MFレンズで確実に近い写真になるかといえばわかりませんが…

 

今回、載せた写真が求める写真かと思えば、違うのかもしれません。

 

近い感じにはなってるかもしれませんが。

 

自分の求める写真!

 

いろいろ有り過ぎて、ひとつには絞れません。

 

でも、家のリビングにでも飾れる写真が撮れればと思ってます。

 

 

レンズ…買うかなぁ…

 

 

MFレンズwww

 

 

なんだかんだ言っても、MFレンズが一番好きかも知れないwww

 

 

 

 

 

□秩父郡皆野町 美の山

0 コメント

2013年

2月

18日

雪景色の撮影

雪の降った日。

 

当然のように写真を撮る訳ですが…

 

『雪を雪らしく撮影する』というのは、本当に難しい…

NNikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
NNikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

雪は、『光の反射』というのがあることは知っての通り!…なのですが…

 

どーしても、暗くなりがち!

 

それが一番の問題で…毎回のごとく、『なんでこんな暗くなるの?』という状態が…

 

なんとなく、対策はわかるのですが。

 

逆光や、正面から受ける光が強い場合は、『露出補正』

 

写真の撮影の状況に合わせて露出補正をするというのは、カメラを使うものとして常識に近いこと。

 

そうは言っても、状況と光の量をつかむのは、経験と感覚がものをいう。

NNikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
NNikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

この日は、雪が降った次の日だったのですが、朝から霧が山頂を取り巻く日。

 

逆光と霧の反射という難しい条件の中の撮影…

 

忘れがちな露出補正を [ + ] に振っていざ!

 

振りすぎれば明るすぎたり、意味が無かったりとなり…

 

結果!こんな感じの写真になったわけですが…

 

RAWを現像する際にも、こういった補正がされていることで、求める写真に近い写真に仕上げることが出来るのかなぁ!とわずかながら感じました。

(↑↑思い通りには当然なっていないのですが…)

 

父親の残してくれたカメラで写真に興味を持ち、約6年の間、ファインダーを通して見る景色が好きで、瞬間を切り取れる写真が好きで、風景や自分の家族を撮ってきました。

 

しかし、恥ずかしながら、『露出補正』というものをほとんど使用したことが無く、理解しようとも思いませんでした!

 

なんとなぁ~くって感じで。

 

それが、ここに来て、雪の写真を撮ることになって、初めて意識するようになりました!

 

上手く使いこなせないんですけどね(苦笑)

 

ちょっと進歩…

 

 

 

 

□秩父市 三峰観光道路

0 コメント

2013年

1月

29日

尾ノ内渓谷の氷柱

数年前から行こうと思ってはいたけれど、まったく脚が今までむかなかったこともあって、今だいったことがなかった『尾ノ内渓谷の氷柱』

 

大滝の氷柱とはまったく違う形。

 

まさか、大滝の氷柱より早くここへ行くとは思いもしませんでしたが(笑)

 

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

平日なので、観光客も少なく、見るにはちょうど良かったのですが、渓谷!というだけあって、本当に寒い!

 

橋の支柱に下げられた気温計は、マイナス2度を指していました。

 

風も冷たく、すぐに指の感覚がなくなってしまうほど。

 

橋を渡ってみたりしながらの撮影でしたが、寒さに負けて、早々に退散しました…←いくじなし!

 

横に広がるように作られた氷柱は、確かに見事では有りますが、ここは縦に構図を取ったほうがいい場所みたいです。

 

まぁ、個人的な意見ですが!

 

しかし…色…凄いことになってるなぁ…

 

 

もう少し、カメラの設定やら、レタッチやら、勉強しないとだなぁ…

 

 

 

 

 

□秩父郡小鹿野町河原沢

 

■尾ノ内渓谷の氷柱

7 コメント

2013年

1月

28日

暮れる陽

この地に越してきて間もない、ある日の夕方。

 

愛犬2匹を連れて、散歩に出かけることにしました。

 

もちろん、カメラを持って。

Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
Nikon D700 / SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

夕闇に包まれつつある時間でしたが、初めての散歩に”探検”のような気持ちで歩きました。

 

周囲の情報を集めておくのは、もちろん大切なのですが、初めての土地に移り住むと、そこに何があって、この道はどこへつながっているのか!と言う事が、優先的に頭の中で駆け巡ってしまうので、情報収集というより、興味というほうが正しいかもしれません。

 

というか、ただ単に好きなだけですが(笑)

 

線路沿いの道に出たとき、既に枯れている木に、白い綿のようなものが付いているのに気が付き、カメラを構えたのですが、リードを脚で必死に支えながら写真を撮る自分をよそに、散歩に出られて嬉しさのあまり、リードをぐいぐい引く2匹の愛犬…

 

周囲が暗くなり始めていたので、”ブレてしまうのではないか!”と心配でしたが、数枚の内、2・3枚は、どうにか大丈夫でした(苦笑)

 

その後は、特に写真も撮らず、ゆっくり歩いて家まで帰ってきました。

 

まだまだ被写体はたくさんありそうなので、時間を見つけて、また探検しようと思います(笑)

 

 

 

 

 

秩父市 自宅付近

5 コメント

2013年

1月

27日

今宵ノ月ノヨウニ

月。

 

その存在は、見るたびに心が吸い寄せられるような物を感じずにはいられない…

 

今宵は満月。

 

満月の月が照らしだす大地は、不思議な青に染まる。

 

月明かり…

 

見慣れた風景が、一変する…

 

不思議…

Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

小倉百人一首にも、約11首、月が入った詩が詠まれている。

 

とても難しくて、自分に理解することは途方もない時間を要すると思うが、月は、昔も今も、人の心をつかんで離さない、不思議な天体。

 

 

 

月が登場する物語もまた。

 

 

 

三日月、下弦の月など、いろいろな呼び名があり、それぞれ素敵な表情がありるが、やっぱり、満月が一番 『 月 』 らしい!

 

 

 

満月を見上げるたび、月の光と、星の光の光度差をどうしたら埋められるか…

 

そんな事ばかりが頭を過ります…

 

 

 

 

 

 

 

秩父市 三峯山頂

1 コメント

2013年

1月

09日

氷の芸術

みなさま、新年あけましておめでとうございます!!

 

昨年中、お世話になった方々、本当にありがとうございました。

 

本年も何卒、よろしくお願い致します!

 

ということで、今日が、新年一発目の投稿になります。

 

みなさんどんなお正月を迎えられたのでしょうか。

 

あいにく、自分は仕事で、正月らしい正月を迎えてはおりませんが、穏やかな正月になったのではないかと思います。

 

天気も良かったですしねぇww

SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

実はこの写真、昨年末に、雨が降った翌日に撮った写真なのですが、この日は、冷え込みも強く、木々に付いた雨粒が、そのまま凍り付いていて、本当に綺麗でした。

 

本来なら、木を撮影するところなのですが、枯れたススキに付いた氷の粒が面白かったので、撮影してみました。

 

ちょうど曇っていて、あまり上手くは撮れませんでしたが、わかりますかぁ?

SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

拡大したのが…って、マクロで撮影したのが、こちら。

 

見事に落ちようとする雨の雫が、ススキの先端で凍っています。

 

所々で凍って、秋に実りを迎える、稲のようにも見えます。

 

冬というこの時期。

 

撮影対象といえば、『ん~』と考えてしまう方も多いと思います。

 

少し前までは、自分もそうでした。

 

冬=雪景色

 

くらいしか思いつきませんでしたが、こういう撮影の仕方を覚えてしまうと、冬もまだまだ捨てたもんじゃない!と、改めて思います。

 

探せばいくらでも被写体なんてあるものだなぁ~って。

 

1月になり、あと2ヶ月くらいしか、冬という季節はありません。

 

だからこそ、この季節ならではの、写真を撮っていかなくては、本当にもったいないと思いますよね!!

 

まだまだ寒い時期が続き、体調も崩しがちに成りますが、寒さに負けず、この冬の撮影を楽しんでいきましょう!!!

 

 

 

 

□秩父市三峰付近

7 コメント

2012年

12月

20日

空ガクレタモノ

雨の日。

 

今の時期に降る雨は冷たく大地を打ち付ける。

 

木々を凍らせ、枝を折るなどの被害を与えてしまうこともしばしば…

 

でも、雨の翌日が晴れると…

□Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8 + PK-13(接写リング)
□Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8 + PK-13(接写リング)

冷たい雨も、木々と太陽の光を借り、数時間だけ光のオブジェへと姿を変える。

Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

冬の雨は、あまり好きではないけれど、こんな楽しみを見つけてしまうと、雨が降った翌日の天気が気になって仕方が無い。

 

雨も思っていたほど、悪くない…のかもしれない。

 

 

 

 

□秩父市大滝 秩父湖(二瀬ダム付近)

0 コメント

2012年

12月

17日

ソシテ月ハ昇ル

大忙しの引越し。

 

新居に落ち着いたまでは良かったのですが、光回線の移転手続きを忘れてて、ネットが開通するまで、だいぶ日にちも経ってしまい、先日やっと開通しました!

Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

しかし、ネットの無い生活というのは、ブログやフェイスブックやら、SNSを気にしなくていいので、楽といえば楽なのですが、もちろん、ブログの更新も出来ないし、調べ物やネットで買い物なんてのも出来ないわけで、不便なのは確かです。

 

スマートフォンで!というのも有りますが、やっぱパソコンの方が楽だし、大画面で見やすいし。

 

なんとなく、微妙です…

 

 

 

 

□秩父市

0 コメント

2012年

11月

09日

季節外れ

少しだけ早く起きた今日の朝。

 

仕事の日でしたが、出勤までの時間を使って写真を撮りに出かけました。

 

向かった先で、写真を数枚撮影し、そろそろ出勤…

 

というとき、道端で見つけたものは…

秋に咲くタンポポ
Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8 + PK-13(接写リング)

季節外れのたんぽぽ。

 

気になったので調べてみると、在来種と外来種を合わせると、約22の品種が存在し、西洋タンポポといわれる品種(名前の通り、外来種)は、春や夏だけでなく、一年のうちに数回、花が咲き、秋にも花が咲くそうです。

 

秋に開花する品種はぐっと少なくなるため、目立たないだけで、普通に咲くとの事。

 

タンポポ = 春』というイメージがあるので、今まで『秋に咲いているのを見かけない』というより『気にならなかった』といった方がいいかもしれません。

 

稲刈り後の田んぼ
Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

道端に咲く、秋のタンポポも、綿毛に変わり、種を飛ばして、越冬の準備をする時期なのですね~。

 

マクロレンズで撮影したこのタンポポの綿毛。

 

撮影する間、秩父の紅葉もピークを過ぎ、冬支度に入るこの季節に、何となく心が温まる瞬間でした。

 

撮影している時の姿と言ったら、背の低いタンポポに膝をついて背中を丸め、シビアなピントと格闘しながらの撮影でしたので、会社に向かう途中で見かけた方は、『なにやってんだ??』って思ったかもしれませんが、こういうときはお構いなしです(笑)

 

しかし、マクロレンズで小さな植物を撮るのが、本当に楽しい今日この頃です!!

 

 

 

 

 

□秩父市 秩父公園橋付近

 

5 コメント

2012年

11月

07日

夏の忘れ物

秋も深まりを見せ、ミューズパークでは、イチョウ並木が最盛期を迎えていました。

 

雨の翌日だったこともあり、イチョウ並木を見に来た人々で賑わっていました。

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

自分もそのうちのひとり。

 

写真を撮る人も多く、邪魔にならないようにするのは、かなり大変でした…

 

朝の光に照らされたイチョウは金色に輝き、タイルの張られた地面を黄色に染めていました。

 

ふと見上げたイチョウの葉に、セミの抜け殻を見つけました。

 

良く見れば、あちらこちらに。

 

台風の日も、風の強い日もあったろうに…

 

良く耐えたね。

 

たくさんの写真を撮る人たちは、セミの抜け殻に、何人が気が付いたのだろう…

 

夏の短い季節を精一杯生き抜いた、夏の証を。

 

 

 

夏の忘れ物…

 

 

 

 

□秩父市 秩父ミューズパークイチョウ並木

0 コメント

2012年

11月

05日

りんごの親子

会社で、用事を済ませて部署に戻ると、なんともかわいらしいりんごが3つ!

 

聞けば、お客さんに頂いたのだという。

 

姫りんごでした!

 

姫りんごといえば、お祭りなどの露天で売っているのを見かける、『りんごあめ』に使われるりんご。

 

あまりにもかわいいその姿に、撮影会となりました(笑)

Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8 + PK-13(接写リング)
Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8 + PK-13(接写リング)

最初は、ひとつひとつの撮影でしたが、一緒にいた、職場の方が、もうひとつあった、通常サイズのりんごの上に、3つあった姫りんごを積み出しました!

 

器用にりんごの上に3つすべての姫りんごが乗り…

Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8
Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8

こうなりました!(笑)

 

まるで親子のような姿がなんとも言えないかわいらしさ!

 

崩れることも無く、乗ってくれていたので、崩れないうちに。

 

りんごを置いていた台がステンレス製だったおかげで、上手く光も反射して、レフ版の変わりになってくれて、おいしそうに撮れたとおもいます(笑)

 

撮影後は、もちろん、おいしく頂きました!

 

小さな姫りんごは、甘酸っぱくて、本当においしいりんごでした。

 

姫りんごをくれたお客さんに、今日は本当に感謝です!!

 

そうそう、このりんごの写真をみたウチの娘は、明日姫りんごを買いに行くとか言ってました(笑)

 

食べたいのか、ただ見たいだけなのか。

 

それより、売ってるのかが問題な気がします(苦笑)

 

 

□秩父市

 

5 コメント

2012年

11月

04日

秩父公園橋と空の色

昨日の記事に、秩父公園橋のことを書きました。

 

RAWとJPEGの同時記録を常に設定しているので、家でRAWの現像を行っているときに”ふと”思ったことが、

 

『本当の空の色ってどの色?』

 

デジタル写真になって、RAWで記録された写真の色やピント、その他、いろいろな事を編集できるようになった現代。

 

カメラ側で記録された空の色。

 

出力側で発色される空の色。

 

果たして本当の空の色は??

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

この橋の写真は、RAWで撮影された写真を、現像する際に、空の色を重視して現像した写真です!

 

自宅のモニター画面では、上部の隅がケラレて黒くなっていますが、空の色は、青く、少し強めに出ています。

 

しかし、実際の空の色はどうなのでしょうか!

 

確かに、この日は良く晴れ、きれいに澄み渡る青空だったのは間違いありません。

 

でも、ここまで空の色は強くなかったと思います。

 

皆さんの目には、モニターを通して、どう映っているのでしょうか。

 

秋の空は、夏のようには濃い青ではありませんが、スッキリとした、少し薄い青という感じだと思います。

 

カメラの設定は、『Vivid』が設定されていたので、通常の空の色よりは、鮮やかに発色するように写っていると思いますが、この設定だと、空のように、グラデーションがかかり、青一色のような場合は、見えないところに、空の青が乗ってしまっています。

 

しかも、不自然な色に出てしまうように思います。

 

実際、モニターの差もあると思いますが、自宅のモニターには、水色に近い色で、不自然に濃い色に出てしまっていました!

 

こうなると、ナチュラルの設定の方がいいのか…

 

カメラの設定がものを言うのか…

 

わからなくなってきました…

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

モニターやプリンターなど、出力側の色。

 

カメラなどの記録側の色。

 

機器によって、すべての色が変わってしまう…

 

どれを基準にしたらいいのか…

 

モニターとプリンターの色を合わせる際に、『キャリブレーション』という、特別な機器を使って合わせる事があります。

 

いつか、いつもお世話になっている写真屋さんにいわれたことがありました。

 

『脳内キャリブレーション』

 

機器だけでは出来ない、頭の中で行う色合わせ。

 

まさにそれが必要なのだと感じました!

 

自分の見た空の色や風景の色。

 

頭の中にある記憶の色と、モニターの色とを合致させる!

 

今の自分には、それしか考えられません。

 

記憶された色。

 

本当の空の色。

 

実際に自分の目で見て、感動した、空の色。

 

プリントされた写真は、すべての人に、同じ色で見えますが、画面を通して見る写真の色は、モニターによってさまざまです。

 

アナログとデジタル。

 

相反する両者が、良くも有り、悪くも有る、現代。

 

たかが空の色でも、実は脳に記憶し持ち帰るという何気ない事こそが本当は大切なのだと感じました。

 

 

 

 

□秩父市 秩父公園橋

7 コメント

2012年

11月

03日

秩父公園橋と予期せぬ出来事!!

綺麗に空が晴れ、まさに”秋晴れ”という言葉がふさわしい日になった、昨日のことです。

 

休みだったこともあって、午前中は用事を済ませ、午後からの撮影となりました。

 

向かった先は、秩父市を代表する存在となった『秩父公園橋』

 

別名、『ハープ橋』と呼ばれ、対岸と市の中心部を結ぶ、重要な橋のひとつです!

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

この橋を歩いて渡るのは、数年ぶりのこと。

 

社会人になり、車を運転するようになってからは、車でしか渡る事はありませんでした。

 

ミューズパークや、佐久良橋から、この橋をいつも見ていましたが、実際に真下から見上げると、橋の大きさを感じました。

 

”ハープ橋”とも呼ばれているこの橋。

 

名の通り、橋脚を支えるワイヤーが、楽器のハープのように、綺麗に並び、こうして撮影した写真を見ると、なかなか良い感じです(個人的にw)

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

橋からみえる武甲山も、なかなかでした!

 

この日は、少し霞がかかっていて、白っぽく見えるような日でしたが、スッキリ晴れた日なら、もしくは、朝のうちなら、もっとはっきり見えたことでしょうねぇ~。

 

数枚を撮影し、家に戻って早速現像!

 

と、その時でした。

 

『ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。』とPCの画面にメッセージが現れました!

 

読み込みが出来ない…

 

読み込みは出来ないようでしたが、記録された写真ファイルは残っているようでした。

 

そこで、ファイル復旧用のソフトの体験版をダウンロードし、復旧することにしました!!

 

カードは、『物理的(衝撃や圧迫など)に壊れていない限りは、データを救うことが出来る』というのを、インターネットで調べたことがあったので、ダメ元でやってみました。

 

さすがに体験版なので、一回のスキャン時に、一枚だけしか復活出来ないようになっていましたが、時間を掛けて、約10枚ほどを救うことが出来ました!

 

しかし、これだけなら良かったのですが、最近始めた、『微速度撮影(インターバル撮影)』用に撮影した写真データが、なんと600枚という膨大な量も一緒に、フォルダー分けされて記録されていたのです。

 

いつもならそのままフォーマットしてしまうのですが、ちょっと楽しみにしていたこともあって、それも出来ず、ファイル復旧のソフトを持っている友人に頼むことにしました。

 

友人も快く承諾してくれたので、『救えるだけ救ってください!』とお願いして、只今、その報告待ちです…

 

それにしても、デジタルカメラに使われるメモリーカードというのは、やっかいです…

 

安いからといって購入すると、最悪の場合、データが破損することもしばしばあるようです。

 

何百枚も撮影できるというのも素晴らしいことなのですが、こういうことが起こりうる!ということも、頭に入れておかなくてはならない!!ということですね!

 

実際は、今回だけではなく、このCFカードを購入したときから、不調のようなものはあったのですが、いつもどおり、問題なく使えることの方が多かったので、気にせず使っていたら、こんな事態に…

 

1…メモリーカードを使うときは、必ずカメラ側でフォーマットを行う

 

2…撮影後に、フォーマットをしたにもかかわらず、再生を押すと、写真が残っている

 

3…フォーマットを一度しただけでは、写真データが消えずに残ってしまっている

 

など、1はともかく、2と3の症状が出た場合は、即、購入店に持ち込んで取り替えてもらうか、カメラメーカーが動作保障などをしているメーカーのメモリーカードを購入して使うかした方が良いということですね!

 

フイルムのカメラから入った自分にとって、こんなことはフイルムには起こりえないことなので、こういうところは、デジタルの不便さと、写真データを失うことの恐怖を覚えました!

 

ベテランの皆さんは、こんなことはご存知かと思いますが、これからデジタル一眼を始めたいとか、始めました!って方は、本当に気をつけてくださいね!

 

復旧出来る状態にあるデータはまだいいのですが、データが破損してしまってでは、『大切な思い出の写真も、一瞬で消えてしまいますから!』

 

デジタル社会になり、いろいろなものがデジタル化するのは、便利になるし、とてもいいことなのですが、『予想を超えたエラーが起こる』ということも、確かな事!

 

大切なデータは、コピーを作るなどして、保管しましょうね!!

 

しかし…こんなことが起こるとは…予想外でした(苦笑)

 

今回の事は、ある意味、勉強になった気がします!

 

CFカード。

 

買い替えよ!

 

 

□秩父市 秩父公園橋

5 コメント

2012年

11月

01日

紅葉の写真を撮ること

昨日に引き続き、再び紅葉の撮影に挑戦!!

 

今日は、天気も良かったので、意気込んで、昨日と同じコースを周って見ました。

 

しかし、結果は…orz

Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8
Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

散々たる結果に…

 

時間も悪かったのかもしれません…

 

15時過ぎでしたし…陽がだいぶ傾いていましたし…

 

 

言い訳ですね!

 

反省です!!

 

『逆光 + 明暗の差が有り過ぎ!』

 

そんな感じの写真ばかりだったのですね~…(泣)

 

まぁ~夕陽に近い太陽光が、ある意味味方してくれた感じの写真もありましたが(笑)

Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8
Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8

紅葉って、自分の眼に写る光景は本当に綺麗で、もちろんシャッターを切るわけですが、撮れた写真を見て、ガッカリ…そんな写真ばかりになるのは、なぜなのか…

 

自分の腕が悪いのは、もちろんわかってます。

 

カメラの設定?

 

レンズ?

 

時間帯?

 

ん~…

 

でも、これがわかるようにならないと、カメラを使いこなして、最適な明るさや色で撮ることは出来ないのでしょうねぇ~。

 

まぁ~なんにしても、カメラも使いこなせていない、勉強不足!= 反省

 

どうしたら上手に光や色を操って撮影することが出来るようになるのか。

 

今後も挑戦は続く…

0 コメント

2012年

10月

31日

季節の終わり

10月最後の今日、紅葉を撮影するため、職場近くを散策してみました。

 

明日から11月。

 

木々も赤や黄色に葉を染めて、秋を演出してくれているようでした。

Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8
Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8

綺麗に葉を染め、人々の目を楽しませてくれる紅葉。

 

その反面、色を茶に染め、踏まれてしまう落ち葉たち…

 

季節の終わりを、一足早く迎えているようにも見えました…

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

この差は何なのだろう…

 

このホウの葉を見ながらそんなことを思ってしまいました。

 

秋って、紅葉や空が綺麗なのは良いけど、やっぱりどこか、物悲しい季節なのかもしれない…

0 コメント

2012年

10月

29日

秩父橋

突然、歯が痛み出し、歯医者の予約を取ったのですが、事もあろうに、『混んでいて5時45分でしたら大丈夫ですが』との返答…

 

仕方ないと思いながら、鎮痛剤で痛みをごまかして予約時間まで時間をつぶすことにしました。

 

といっても、予約時間まで約一時間。

 

何してりゃいいんだ…

 

 

秩父橋と夕陽と飛行機雲
□Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

 

 

そんなことを思いながら、いくつか用事も済ませ、向かった先は『秩父橋』

 

秩父公園橋が出来てからというもの、息を潜めるように日々の暮らしを見つめてきた秩父橋も、一昨年の夏に放送された、秩父市を舞台にしたアニメ『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』で一躍有名になった秩父橋。

 

本当は旧秩父橋の方なのですが(笑)

 

この世に生を受けてから、この秩父橋を歩いて渡った事は一度もありませんでした。

 

というのも、この橋へ行くためには、駐車場が無いため、脇にある待避所?のようなスペースに車を停める他無く…

 

アニメ放送時には、近所にあるコンビニなどに違法駐車する車も後を絶たず、ちょっと迷惑なこともありましたが(苦笑)

 

アニメが放送され、聖地巡礼と称してたくさんの方々が訪れてくれるのは、秩父の活性化にもつながるので、とてもいいことなのですが、マナーだけは守ってくださいね!!

 

しかし、初めて踏んだ旧秩父橋。

 

今では徒歩専用の橋として、近所の方々にとっては憩いの場に成っている様で、ウォーキングをする人、犬を散歩させている人、学生さん…本当にいろいろな方々の性活道として、無くてはならないものになっているようです!

 

秩父橋の向こうに沈み行く夕陽。

 

空を高く昇っていく飛行機雲。

 

陰になる秩父橋。

 

なんとなく、自分の中で最高の情景になっていました。

 

そして、数枚シャッターを切ったときでした。

 

犬を散歩させていたおばちゃんに『飛行機雲が残っているこんな夕方ってね、昔は地震や良くない事が起きる前兆だなんて良く言ったんだよ(笑)』といわれました。

 

まぁ~確かに、巨大地震の数日前などに地震雲といわれる雲が空に浮かぶというのは良く聞きますが、飛行機雲でそういった話は聞いたことが無かったので、ちょっと驚きでした!!

 

秩父のおばちゃんって、本当に人当たりがいいというか、田舎だからなのか、初めて見る人にも良く話しかけてくれるので、今まで知らなかったことも、度々教えてもらうこともあり、知らないことだらけの自分にとっては、嬉しい限りです(笑)

 

これも写真を始めたおかげかな?なんて思う今日この頃です(笑)

 

というか、結構この橋、気に入りました!!

 

また撮影する場所が増えた!!←地元民が言うことじゃない気がするけど…

 

近いうち、ここで星の撮影もしてみたいなぁ~なんて計画もしているSQUAREです。

 

…写真…大きすぎたかな…

 

 

 

 

□秩父橋(旧秩父橋より撮影)

 

5 コメント

2012年

10月

22日

北極星と星の軌跡

オリオン座流星群が極大を迎えた昨日。

 

自宅近くで撮影を試みようと考えたのですが、建物と外灯の光が邪魔すぎて、無理と判断!

 

自宅から歩いて1分くらいの場所にある、坂道の上から撮影することにしました。

 

 

□Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
□Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

 

 

撮影を始める前に、オリオン座が見えない悔しさをかみ締めつつ、北の空に、北極星を探しました!

 

近頃は、本当に便利になったもので、iPhoneのアプリに『STARWALK』というアプリがあるのですが、このアプリ、単なる星座を見るだけのアプリだと思いきや、スカイライブというモードにすると、コンパスのように、しっかりと東西南北を指し示してくれ、iPhoneを向けている方向に、何の星座があって、どの方角を向いているのかということまでわかってしまうのです!!

 

星座表を買おうとしていた自分にとっては、本当に頼もしいアプリですwww

 

当然、このアプリを使って北極星を探しました。

 

難なく北極星を見つけることが出来た…までは良かったのですが…

 

…北極星のある方向に、外灯があり、その光が入り込んでしまっていました!!

 

しかし、光的には弱く、ファインダーを除いたときに見る限りでは、さほど影響も無いように思えたので、試し撮りをしてから、10分開放を3回行いました。

 

北西の空の真下には、住宅と、その近くにある橋の外灯がありましたが、距離があるので気にしていませんでした。

 

時間も遅かったので、もう少し撮影したい気持ちはありましたが、我慢して帰ることにしました。

 

家に帰ってからは、RAWで撮影した星の写真の現像。

 

しかし、パソコンのモニターに映し出された画像を見てびっくり!!!

 

バルブ撮影のときは、デジタルの場合、ノイズが載ってしまうということを聞いていたのですが、想像していたよりも、かなりノイズが載るというのを、この画像を見て初めて理解できた気がしました!

 

画像の調整をすればするほど、画像ノイズが浮きだち、目立ってきます。

 

『う~ん…これは何とか対策を考えなくては…』

 

まともな写真が撮れるようになるのは、いつの事か…

 

 

まだまだ勉強は続くwww

 

 

 

 

□秩父市下影森

 

 

 

11 コメント

2012年

10月

06日

夜景

先日の仕事中。

 

1時間ほどでしたが、時間が空いたので、夜景を撮影するため、展望台のようになっている場所へ行ってみました。

 

毎年のように、今頃の季節から冬に掛けて撮影する夜景。

 

D700を買ってから一度も試みたことはありません…

 

 

□Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
□Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

 

 

写真には写っていませんが、実はこの日、月が真っ赤な色をしていたので、それを撮る目的で行ったのですが、運悪く雲が広がり、月を隠してしまいました…残念…

 

しかし、絞りや開放時間など、フイルムカメラのときと比べると、まったく勝手がわからず…でも、広角側へ合わせて、絞り値は『F10』に設定してイザ撮影!

 

開放時間は約3分。

 

それでもこれだけの明るさがあるには、ちょっと驚きでした。

 

考えてみれば、レンズ口径でも違いがあるのだから、当然と言えば当然でしたがww

 

でも、夜景に星の軌跡を長くいれるとなると、夜景の光や空の明るさがえらいことになりかねません…やっぱり難しいかも…

 

勉強だな!!

 

まぁ~これから星も綺麗に輝く時期にもなりますし、ちょっと面白いこともみつけたので、機会があったら挑戦しようと思ってます!

 

でも、バルブ撮影の後って、次の撮影までの時間がかかりすぎる…

 

あれってどうにかならんものなんですかねぇ~…

 

 

 

□三峯神社遥拝殿から望む秩父市の夜景

7 コメント

2012年

10月

03日

Dalia02

昨日行ってきた『ダリア園』

 

まぁ~マクロレンズは持ってるのですが、昨日ほどAFのマクロレンズが『もう一本欲しい!!』と思った日はありませんでしたねぇ…

 

特にSIGMAのレンズ。

 

どのレンズがいいかは、まだ言えませんが、値段と予算に相談しなければ買えませんし(苦笑)

Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8
Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8

 

お勧めレンズ(マクロ)が有ったら教えてほしいくらいです!←人頼み… 

 

もちろん、今もっている『Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8』も悪くは無いのですが、ダリアを撮っていて、『もっと違うマクロレンズを試してみたい』と思うようになりました!

 

出来れば、もう少し口径の大きめなレンズがいいかなぁ~なんて思ってますが、いつ買うことが出来るやら…

 

いろいろ周りの評価なども見ながら、ゆっくり決めていこうと思っています。

 

それから、写真を見ていて反省すべき点があることに気がつきました。

 

 

絞るの忘れた…orz

 

部分的に撮り過ぎ…orz

 

クローズアップ写真って、花だと特に好きなのですが… 

 

ダメだろ…

 

これじゃ… 

 

開放側でぼかすのもありだけど、せっかく綺麗な花なんだから、全体にピントが行っていたほうが良かったのに…

 

 

いろいろ、たくさん、反省です…orz

 

 

 

 

□小鹿野町両神 ダリア園

5 コメント

2012年

10月

02日

Dalia01

 

『ダリア園行ってみな!ダリアって本当に綺麗な花だよぉ!種類も多くて素敵だった!!』

 

昨年の今頃。

 

そう言ったのは、うちの母。

 

初めて行ったダリア園でダリアを間近で見て、感動したらしかった!

 

でも、そう言われても、なかなか行く気のしなかった自分でしたが、最近になって気になりだし、今日、行ってみることにしました。

 

 

 

Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8
Nikon D700 / Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8

 

小鹿野町両神。

 

大よその場所はわかっていたものの、『こっちで本当にいいのか?』と思うほど、意外に山手側にダリア園はありました。

 

『大輪になる花』

 

というのは、花の好きな人から聞いてはいましたが、実際にダリアを見て、その大きさに驚きました!!!

 

自分の手よりはるかに大きな花で、しかも、種類も多すぎると思うほど多くの種類があることにも驚きました。

 

しかし、撮影を始めてみて思ったのが、『ファインダーから見える花びらの美しさ』

 

初めて見る花ではありましたが、本当に綺麗な花で、一気に好きになってしまいました。

 

『ほれてまうやろぉ~』なんて感じですwwww

 

実際、どんな性質の花なのかは、自分の中では未知数の花ですが、比較的簡単に育てられる花ならば、来年の春に球根でも買って、露地植えと鉢植えで挑戦してみたいと思っています!

 

まぁ~簡単にはいかないと思いますが…

 

それでも、この花は、『一度は咲かせてみたい!』と思った花でした!!

 

帰りに、入り口で切花を売っていたので、売り場のおじいちゃんに『これなら長持ちするよ。どうせなら長く楽しめるほうがいいよねぇ』って選んでもらった切花を買い、帰ってきました!

 

さっそく家の玄関に飾ってみましたが、存在感のある、素敵な花ですねぇ!!!

 

絶対来年、挑戦する!!!!

 

 

 

 

□小鹿野町両神 ダリア園

0 コメント

2012年

9月

26日

デジタル一眼レフ

Nikon D700というデジタル一眼レフを使い始めて約半月ほど経ちました。

 

しかし、フイルムカメラから一眼レフに入った自分にとって、デジタル一眼レフは本当に難しい…

 

使えば使うほど、思い通りに撮る事が出来ていない様に思います…

今や当たり前になったデジタルカメラですが、デジタル一眼レフの設定項目の多さは、正直迷ってしまうほど!

 

 どの組み合わせが一番自分の理想として近い設定なのか、カメラの機能を理解しつつ、同じ機種を持っている方に聞いたりしながら、自分自身の設定を模索している途中です。 

 

今でも時々使っているフイルムカメラは、ISOはフイルムに依存するため、特に気にはしていません。

 

 シャッター速度と絞りを決めて、シャッターを切るだけ。 

 

Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

 

おかげでフイルムカメラでの撮影は、完璧ではありませんが、天候や光の量で、感覚的にわかるようになって来ました。

 

でも!!

 

デジタルは、わかっているつもりでも、撮った写真を見ると…

 

ん~なんでだ!!

 

今までの感覚が通用しない感じがします…

 

まだまだ勉強や撮影するためのアイテムも必要みたいです…orz

 

これから自分のスタイルに合った設定を見つけていこうと思います。

 

考え方によれば、この設定を探しながら、あ~でもない、こ~でもない、なんて言っている時が一番楽しいのかも知れませんねぇ!(笑)

 

まだまだ時間もかかりそうですが、ゆっくり景色を撮りながら、決めていこうと思います。

 

さて!勉強勉強!!

 

 

 

 

■秩父ミューズパーク展望台[ 公園橋より撮影 ]

0 コメント