Hight Key

近頃、気になる感じの写真があるのですがぁ…

 

あ~、プロの写真という意味では無く、自分で撮る写真で!という意味です。

 

現在注目を受けて、各メーカーがこぞって発売するようになってきたミラーレス一眼レフカメラ。

 

そのカメラの中には、撮る際にアートフィルターと呼ばれる、いろいろな効果を付与出来るものも少なくなく…

 

中でも、ハイキーの写真になるものがあり、『これって普通の一眼レフで再現できないのか?』と思ったのがきっかけで只今挑戦中!

□Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)
□Nikon D700 / Nikon AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF)

初めて”ハイキー”の写真を見たのは、二眼レフカメラで子どもを撮影した写真でした。

 

普通に見たら、『露出オーバーの写真じゃないの?』と思ってしまう写真なのですが、その明るすぎる被写体を淡い光がやさしく包んでいる雰囲気を持つ写真に衝撃を受け、『こんな写真撮ってみたい』と思うようになり、撮影に挑戦するようになりました。

 

もちろん持っている機材で!

 

RAWで撮影した写真を現像段階で、露出を上げてやれば…と思ったのですが…

 

なんとなくそれだけではダメな感じがして…

 

前回の露出補正と同じで、情報が書き込まれていない写真を無理やり編集で行っても無理だろうし。

 

本当なら、NikonのF時代に作られたレンズが使えれば、多少はイメージに近い写真に仕上げられるのかも知れませんが、あいにくD700にはマウントが邪魔して使えないので、AFレンズを使って露出やらホワイトバランスなんやらいろいろと試行錯誤しながら撮影に励んでます。

 

MFレンズで確実に近い写真になるかといえばわかりませんが…

 

今回、載せた写真が求める写真かと思えば、違うのかもしれません。

 

近い感じにはなってるかもしれませんが。

 

自分の求める写真!

 

いろいろ有り過ぎて、ひとつには絞れません。

 

でも、家のリビングにでも飾れる写真が撮れればと思ってます。

 

 

レンズ…買うかなぁ…

 

 

MFレンズwww

 

 

なんだかんだ言っても、MFレンズが一番好きかも知れないwww

 

 

 

 

 

□秩父郡皆野町 美の山