LED電球

 

『日本の各家庭にある白熱電球をすべてLEDに変える事が出来れば、140万世帯分の節電になる』というのを今朝のニュースで放送していました。

 

各国内の電球製造メーカーも、年内に白熱電球の製造中止を決定したとしています。

確かに『長寿命・大幅節電』といいことずくめなLED電球ですが、何しろ価格が高すぎる。

 

現在住んでいる自宅は、幸い白熱電球を使っている数が少ないので、買っても1つか2つで済むので、まだ良いのですが、旧家のお宅では、まだまだ白熱球を使っているお宅も多いはず。

白熱電球なら1個100~150円も出せば、十分買う事が出来る金額なのに対し、LED電球は数千円単位の金額。

いくら長寿命で節電になるとはいえ、最初の設備投資の金額が高すぎるのがネックになって、踏み込めないでいるご家庭が大半かと思われます。

 

自分の家でも同じことが言えます。

 

LED電球の価格は、約1300円前後から高いもので5000円、6000円と、大きさやワット数でも価格差がかなりあります。

 

白熱電球が製造中止になると、困るのは家庭ばかりではありません。

 

秩父もしかり、温泉街の宿。

意外とこの温泉宿というのは、多くの白熱電球を使っているもので、部屋の入り口や、室内の間接照明などに使われているものです。

 

小さな民宿等でも、単純に考えて、数百個、大きな旅館になると数千個単位の電球が必要な場合もあると思います。

照明器具を変えるというのも一つの手かもしれませんが、多額の投資が必要なのには変わりありません。

 

LED電球を普及させるためには、価格を今まで以上に安くしなければ、普及にはつながりません。

家庭の抱える問題は、毎日の暮らしの中で、数多くあり、富裕層ならまだしも、一般家庭でいまからLEDに変えるというのは、正直無理な話です。

 

自治体の取り組みで、LED電球の購入者には、申請が必要ですが、『クオカード』を配って対応しているところもあるようです。

そうはいっても、価格が下がってくれるのが一番!

 

自分の職場では、LED電球の代わりに、蛍光灯電球というものを使っています。

しかし、白熱電球と比べて、消費電力は少ないかもしれませんが、寿命が短いように感じます。

電圧や、そのほかの要因もあるかと思いますが、短いものだと、約1か月くらいで切れてしまいます。

これでは、消費電力が少なくなっても、経費の削減には全くつながりません。

 

LED電球の価格が半値以下、家庭で手軽に買えるようになるには、1/3以下の価格にならないと無理ですね…

 

 

普及には、まだまだ時間がかかりそうですね…

 

 

国も復興支援やいろいろな問題を抱えているので大変かと思いますが、価格が下がるまでの間、購入者を支援する等の対策を考えて欲しいものです。

 

※LED電球の写真は、『naaktownさん』にお借りしました。

[いいかも]