FILM

近頃、本当にフイルムが少なくなってきました…

 

こんなことを、以前のブログで何度つぶやいたことか…

 

特に、ブローニーフイルムと呼ばれる、少し大きめのフイルムが、近所のカメラ屋さんから姿を消しました。

デジタルの時代にフイルムカメラなんて使う人なんか限られてますよねぇ~…実際のところ…

 

《坂道》 Nikon F3
《坂道》 Nikon F3

少し前までは、トイカメラなんかも流行っていて、ブローニーフイルムが雑貨屋さんにも並んでいましたが、今はどうなのでしょう。

一般的な35mmフイルムもその数を減少させてきている気がします。

 

このまま”名機”と呼ばれたフイルムを使うカメラたちも、博物館でしか見られない時代が来るのでしょうねぇ。

デジタル世代の我々ではありますが、写真の質感と、フイルムカメラのシャッターが落ちる音が大好きな人間としては、フイルムを無くして欲しくはありません!!

 

とはいえ、それもかなわぬ時代少しづつ忍び寄ってきていることは間違いありません…

 

 

アナログが好きな私。

 

 

しかし、フイルムが存在し続ける限り、撮り続けようと思っています。

この世に存在するフイルムカメラの為にも!!